白髪ができる年齢

白髪が中学生に生えた時の対策は?学校に相談すれば染められる場合も

中学生なのに白髪が生えてきた!どうしよう。。。

と悩んでいませんか?

中学生で白髪が生えてくると、白髪そのものの問題よりも、恥ずかしいと感じることによるストレスや、いじめなどの心配のほうが問題になってくる場合もあるので悩みますよね。

中学生で白髪か生えてしまったら、どうしたらよいのでしょうか?

中学生はまだまだ、体が未発達ですし、成長期の途中でとてもデリケートな時期です。

ですので、大人と同じヘアカラーでは頭皮に刺激が強すぎる場合があります。

でも、中学生という多感な時期に白髪を見つけてしまうとやはり気にしちゃいますよね。

この記事では、中学生の白髪対策について書いています♡

「中学生なのに白髪が生えちゃった」と悩んでいる人に少しでもお役に立てたら嬉しいです♡

白髪が少ない間は髪型を変えてみる

白髪の数がまだ少ない間は、髪型を変えてみてはいかがでしょうか。

加齢による白髪ではない、若年層で白髪になる若白髪は生える場所に特徴があります。

中学生の白髪の場合も加齢が原因ではないので、生える場所に特徴があると言えます。

中学生の白髪は後頭部と耳の周り、この辺りに生える場合が多いです。

また、外側ではなく、髪の内側、かき分けて見える部分に多く生えてくることが多いです。

ですので、ツインテールなど、分け目を入れる髪型だと分け目のせいで白髪が目立ってしまいます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ひろっちょさん(@nogipiro_46)がシェアした投稿

では、1つにポニーテールの場合はどうでしょうか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

さん(@_belle113)がシェアした投稿

ポニーテールも耳のラインから下を上にかき上げて結びますよね。

白髪が多い部分をさらけ出してしまうことになるのでポニーテールもオススメできません。

1番、白髪が目立たない髪型は、段差のないミディアムヘアです。

いわゆる、おかっぱですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

AVANTI山木 美佐子さん(@avanti_yamaki)がシェアした投稿

段を入れたカットにしてしまうと、段の下に白髪がある場合に一層目の段が短いせいで白髪が剥き出しになり、目立ってしまいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ウルフ/ボブ/シースルー/ネイビー/モード/ストリート/さん(@r_ka039)がシェアした投稿


白髪は黒髪よりも太くて目立ちやすいので、段がより際立たせてしまうのです。

ですので、段を入れたり、梳いたりせずにフラットな毛先の髪型が内側にある白髪を隠してくれておすすめです。

中学校は義務教育ですので、肩より長いと結ぶように校則で決められている学校も多いかと思います。

肩より上の、うなじより少し下くらいのラインで切りそろえれば、結ぶこともなく過ごせるでしょう。

また、前髪を作ることによって、立体感も出て、耳の上の白髪の出やすい位置を隠してくれますので、ワンレングスより、前髪のあるボブがおすすめです。

白髪が多い場合や髪型を変えられない場合は黒染めを

では白髪が隠せないほどある場合はどうしたらいいでしょうか?

中学生だと、私立でも公立でも毛染めは禁止されている学校がほとんどです。

ただ、白髪の場合は例外の場合もあります。

  • 生まれつきで本人にはどうしようもないこと
  • そのことにより精神的苦痛がある
  • 白髪になることによって学生の本業である学業に差し障りがあること
  • おしゃれ染めではなく、黒染めをすること

を保護者の方が学校の先生に相談すれば、認められる例もあるようです。

あきらめずに一度、親や先生に相談してみるのもいいかもしれません。

大人はおしゃれや身だしなみのためにヘアスタイルをしますが、中学生の白髪染めはそれに当てはまりません。

本人にとっては、平和に、楽しく学校生活が送れるかどうか、死活問題なのです。

中学生の白髪にはカラートリートメントやヘナを

一旦白髪として生えてきた毛は、自然に黒髪になることはありません。

なので、白髪は染めないと黒には戻りません。

しかし中学生の頭皮にはまだ、普通のヘアカラーは刺激が強いので心配ですよね。

そんなときは白髪用カラートリートメントがおすすめです。

カラートリートメントは髪全体を染めるのではなく、白髪の部分にだけ作用します。

ですので、髪を染めるというよりは、白髪をフォローしてくれる、というイメージですね。

中学生の白髪は睡眠不足や

一旦生えてしまった白髪は、自然には戻りませんが、これ以上、白髪が増えないように予防をすることも大切です。

白髪に悩む中学生が気を付けるべきことは

  1. 睡眠不足
  2. 貧血

です。

中学生にもなると勉強も忙しくなり、寝る時間も遅くなりますよね。

睡眠不足はメラニン色素を生成する働きを抑えてしまうので、勉強が忙しくても、部活動が忙しくても、23時前にはベッドに入るようにしてください。

また、中学生は大人の体になりつつある時期でもあるのでホルモンバランスも崩れがちになります。

睡眠不足になると、さらにホルモンバランスが不安定になるので白髪や抜け毛など髪の毛のトラブルも増えてきてしまうのできをつけましょう。

女の子は貧血にもなりやすくなってきます。

  • 月経
  • 過度な運動

などで、貧血になる女性が増えています。

貧血になると血の巡りも悪くなり、必要な栄養が血液を通して髪の毛に送られる働きも弱くなってしまいます。

貧血予防に、鉄分を多く含んだ食材を摂取するよう、心がけましょう。

鉄分は毎日取り続けることが重要です。

レバーなどは鉄分が多く含まれていますが、毎日レバニラというわけにはいきませんよね。

そんな時はお菓子で鉄分補給をするのもオススメです。

レーズンが入っているクッキーやクラッカーなどはコンビニでも手に入りやすいお菓子です。

グミ売り場にも鉄分を多く配合したグミが色んなメーカーから販売されています。

また、鉄分不足が気になる人には黄酸汁 豊潤サジーがオススメです。
サプリメントだと、合成添加物や化学物質も気になりますよね。

豊潤サジーは、天然の果物100%のジュースなので、毎日安心して飲めます♡

しかも、鉄分はレバーの1.4倍も入っているので、レバーを食べるよりも効率的に鉄分がとれます。

鉄分以外にもビタミンミネラルなど200種類もの健康美容成分が含まれているので、栄養不足になりがちな現代人にはオススメです。

公式サイトからだとモニター価格でお試しできるので、サジージュースが気になる人はこちらぜひチェックしてみてください♡
↓↓↓↓
≫黄酸汁 豊潤サジートライアル

中学生が白髪になった時の対処方法まとめ

中学生が白髪になった時は、まずは目立たないような髪型を工夫してみましょう。

学校や親に相談すれば、校則で毛染めがNGな場合も特別に認められる場合があります。

どうしいても悩んでいる場合は、一度、学校や親に相談してみるのも良いかもしれません。

毛染めがOKになった場合は、カラートリートメントやヘナなど、刺激の弱いもので染めるのがオススメです。

そして、これ以上増やさないためにも

  • 睡眠
  • 栄養(鉄分など)

に気を付けて生活してみてくださいね♡

徹底比較&失敗しない選び方